一重や奥二重のメイクは少しテクニックが必要

pwl

人によって、一重であるとか二重であるとか、目の大きさは様々です。

そのため、それに合わせたメイクの方法というものがあります。

奥二重のアイメイクは、それを活かした方法をとることが大切です。

アイシャドウの選び方

奥二重の場合、色を間違えると元々腫れぼったいのがより強調されてしまう目元になってしまいます。

奥二重だから何色が良いというよりも、自分のお肌のカラーに合わせてアイシャドウを選ぶことがポイントです。

お肌のカラーは、イエローベースとブルーベースに大別することができます。

イエローベースのお肌の場合、温かみのあるお肌なので、カーキやオレンジ、ゴールドなどアースカラーのようなお色味が似合います。

そのため、アイシャドウでグリーンを使っても違和感なくキュートな目元にすることができます。

イエローベースのお肌の方が注意しなければならないカラーは、グレーやシルバーなどの冷たい感じのカラーです。

ブルーベースのお肌の場合、涼し気なお肌なので、パープルやブルー、シルバーなどの清涼感のあるお色味が似合います。

そのため、冷たく見えてしまうようなカラーも、ブルーベースのお肌の方が使うことによってきつい印象にならず、透明感のあるような印象にみせることができます。

ブルーベースのお肌の方が注意しなければならないカラーは、オレンジやゴールドです。腫れぼったくみえてしまいます。

そして、アイラインの引き方です。一重であっても、二重であっても、アイラインの引き方によって、印象が変わります。

奥二重の方のアイラインあるあるとしては、せっかくアイラインを引いてもよく見えなくなってしまうというものです。

しかし、アイラインを見せたいからといってアイラインを太くひいてしまうと、逆に目の大きさが小さく見えてしまう場合もあります。

したがって、奥二重の方のアイラインの引き方としては、できるだけ目の際に細く引き、目尻を少し長めに引くことによって、目の大きさを強調するというものです。

こうすることで二重の幅をアイラインでつぶすことなく目を強調することができるので、目を大きく見せることができます。

せっかく二重なのに、まぶたについた脂肪で二重が隠れてしまっている奥二重の人がいちばん難しいと感じているのが、アイラインだと思います。

奥二重の場合、どの部分にアイラインを描くかで目の印象が全く違ってきます。

いかにもメイクをしたという感じにならないように、アイラインは細く描くようにしましょう。

リキッドタイプのものを使うと線をより細く描ける

色は黒よりもブラウン系の方が優しい印象に仕上がります。そしてポイントは、目尻から3mmほどはみ出すぐらいに長めにアイラインを描くことです。

これによって目が横に大きく見えるようになります。これはアイラインの鉄則ですが、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように描いていくのがコツです。

ここを丁寧に描かずに太く描いてしまうと、まるで一重まぶたのようになってしまうので気をつけましょう。目尻が上がっているとクールできつい印象になります。

仕事ができるしっかりした女性に見られたい場合はこれでもいいのですが、キュートでナチュラルなイメージに仕上げたい場合は、目尻を少し下げ気味にアイラインを描くようにしましょう。

奥二重のまぶたにおすすめのアイシャドウは明るめのベージュです。

できればパールやラメがあまり入っていないものを選びましょう。この方が目元がはっきりすると言われています。

目のキワの部分には、あまり濃い色を塗ると目元が締まって小さく見えてしまうので、明るめのブラウンを使いましょう。

最初にのせた薄いベージュと自然なグラデーションが出るように薄めに塗っていきます。

ピンク系やオレンジ系のアイシャドウもかわいいのですが、目元が腫れぼったく見えてしまい逆効果なので、できれば避けるようにしましょう。

まつ毛を上げ過ぎてしまうと、マスカラが上まぶたに付いてしまったり、まつ毛ばかりが目立ってしまうことになりやすいので、軽めに上げてマスカラやつけまつげで仕上げるようにしましょう。

このように仕上げるとより自然なナチュラルメイクに仕上がります。